• ホーム
  • ダポキセチンは何の薬の成分?

ダポキセチンは何の薬の成分?

2019年08月04日
けんかしている夫婦

ダポキセチンは、わが国では一般には流通していないものの、海外では早漏治療薬として出回っている医薬品の有効成分です。
このダポキセチンを服用すると、脳内の過剰な興奮状態が抑えられ、適正に保たれるため、性行為の際に男性が早漏になってしまうのを防止するという効果があります。
早漏に悩む男性が多いのは古今東西を問わずのことですが、現在では「PE治療」という略語もでき、医学的に早漏の治療に取り組むクリニックなども増えてきています。
残念ながら、ダポキセチンは日本国内では医薬品として未承認であり、こうしたクリニックでも使用が難しいのですが、例えば海外から直接自宅に通販で取り寄せるという、いわゆる個人輸入の方法によって、このダポキセチン入りの製剤を入手する人も出てきています。
ダポキセチンは早漏治療薬の成分というのは事実ですが、実はそのほかにも、もともとはSSRIという心の病の治療薬の成分であったという事実もあります。
SSRIというのは、日本語では選択的セロトニン再取り込み阻害薬と訳されているもので、錠剤タイプで口から飲むものです。
この選択的セロトニン再取り込み阻害薬には、脳内にある神経伝達物質のセロトニンを増やすという作用が認められています。
セロトニンは神経細胞と別の神経細胞との間を移動して情報の伝達にあたっていますが、使われなくなると再取り込みという現象によって、もとの神経細胞にまた戻されてしまいます。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬を服用すると、この再取り込みが阻害されて、いつまでも神経細胞の間にセロトニンが存在することになり、結果として脳内のセロトニンの量が増えます。
うつ病のときは、セロトニンやノルアドレナリンの量が減少しているため、医薬品によって不足を補い、治療に結びつけているのです。

関連記事
ペニスを鍛える様々な方法

刺激に弱く、早漏気味の方はペニスを鍛える方法を実践してみると効果的になるでしょう。まず、ペニスを鍛えるためには、数多くの性交渉を持つことが有効となってきます。早漏の方は、普段から刺激になれていない特徴があるため、性交渉を持った時に十分な時間を持続することが出来ません。普段から性交渉に積極的になること...

2019年09月19日
ダポキセチンとバイアグラを使用した超早漏克服法とは

超早漏克服法として効果的なものは、ダポキセチンやバイアグラを使用した方法です。ダポキセチンとは射精を遅らせるための経口薬で、本来はうつ病の治療のために使われていましたが、あとから早漏にも効果的だとわかったのです。脳を落ち着かせてくれるので、冷静になって性行為を楽しめるようになります。すぐに射精してし...

2019年10月27日
早漏改善にはFR法か防止シートかダポキセチンという選択

早漏は克服するのは難しい症状とよく言われています。早漏を改善するためのグッズは昔からよくあり、多くは男性器に伝わる刺激を抑える効果がある成分が配合されているクリームやスプレー、そして防止シートなどが多かったのですが、現在は抗うつ剤の主成分となるダポキセチンが配合されている医薬品や、早漏克服にも期待を...

2019年10月08日
早漏や遅漏の平均時間とは

男性にとっては早漏は深刻な問題であり、早漏で悩んでいる人はけっこういます。様々な原因が考えられます。仮性包茎の人は、早漏の人が多いです。勃起したときに亀頭が刺激になれていなく、すぐに射精をしてしまいます。また、心因性の早漏ですと、過去の性行為の失敗や性行為の経験不足が影響してすぐに射精をしてしまいま...

2019年09月04日
早漏になる人の原因や特徴について

より良い性生活を送るためには、早漏は治した方が良いかと思われます。男性にとっては早漏だと情けない気持ちになり、それがコンプレックスとなってしまいます。早漏と聞くと、なんとなくマイナスなイメージがあります。また早漏で悩んでいる人もけっこう多いと聞きます。早漏になる人の原因や特徴としては仮性包茎の人が多...

2019年08月17日